遥かなる水の音

村山由佳「遙かなる水の音」~切ない涙がこぼれる名作

村山由佳さんの小説「遙かなる水の音」を紹介します。

パリで一人の青年が息を引き取りました。

彼の望みは、

「遺灰をサハラにまいてほしい」。

その遺言を受けて、彼の姉、同居人であるゲイのフランス人、友人のカップル達が、それぞれの思いを胸に旅立ちます…。

切なくも透き通った涙が溢れる作品の紹介です。

●「遙かなる水の音」あらすじ

遥かなる水の音

https://www.amazon.co.jp/

 

パリに住む青年・周(あまね)が望んだ最期の願いは、

「自分の遺灰をサハラにまいてほしい」

でした。遺言に従い、周の同居人だったゲイの男性、周の友人カップル、周の姉、そして魂だけの存在になった周が、共にサハラを目指します。

悲しい旅路の果てに、彼らは何を見たのでしょう…。

フランス

●どこまでも、どこにも続かない旅

これほど悲しい恋愛小説があっただろうか、と思うほど感動した作品でした。

旅をする人みんなが周を愛して、その死を悼んでいるのに、魂だけの存在になった周はどこか安らかな気持ちで彼らを俯瞰しています。

この奇妙な落ち着きと、村山由佳さんが前作に書いた「W/F ダブルファンタジー」の強烈さと比べられてしまったことが、「遙かなる水の音」という作品を「あまり印象が深くない」といった評価が多い作品にしてしまったのかもしれません。

「遙かなる水の音」は一見するとサハラまでのロードノベルのような見方が出来ますが、実際はそれぞれの恋愛を描いた物語であるといった視点でも見ることができます。

愛情の形はそれぞれです。

友情の愛、家族愛、最期まで言う事ができなかった愛…。

それらの想いが交錯し、やがて昇華され、儚くサハラの砂にのって流れていきます。

終章である、遺灰をまく時も、皆じっとだまって周の遺灰をサハラの風にのせます。

そこに吹く熱い風、太陽の熱さ、やがて誰かのすすり泣く声…。

それらが、すぐそこで聞こえ見えるかのような錯覚さえ覚えます。

周の魂は、苦しみの果てにようやく安息の地を見つけて静かに思います。

生まれ変わらなくてもいい、灰のままでいい、と。

この辺りの文章はもう神がかっているとさえ感じるもので、読んでいて涙と鳥肌が止まらなくなるような文章です。

印象が薄い?

とんでもない、これほど悲しく辛く、透きとおった愛の形を描いた作品は、これから先の村山由佳さんに描けるのだろうか、と図々しくも心配する程、魅力に溢れた小説です。

決して派手なシーンもショッキングな内容もありませんが、深く深く、それこそ水のように染み渡るような一冊です。

たくさんの人に読んでほしい、と同時に、決して映像化などで雰囲気をこわしてほしくないと、心から願いたくなる小説です。

●それぞれの愛の形をどう感じるか?

以上、村山由佳さんの小説「遙かなる水の音」を紹介しました。

全体的に淡々とした展開が続きますので、デビュー当時の村山由佳さんの小説が好きな人におすすめしたい小説です。

静かな夜に、読みたい一冊

それぞれの愛の形を、あなたはどう感じるのでしょうか。

ぜひ一度読んでみて下さいね。