星々の舟

直木賞受賞作!村山由佳「星々の舟」~暗い闇の中に輝く一条の光

村山由佳さんの小説「星々の舟」を紹介します。

「星々の舟」は第129回直木賞を受賞した作品として注目を集めました。

禁断の恋に悩む兄妹。

人の恋人ばかりを好きになってしまう妹。

居場所を探す兄、そして傷跡を抱えた父…。

それぞれの思いは小さな星のように瞬き、家族という名の舟は大海原を渡る――そんな感動の小説を紹介したいと思います。

●「星々の舟」あらすじ紹介

星々の舟

https://www.amazon.co.jp/

 

物語は6章からなるオムニバス形式で、それぞれの家族の思いを語ります。

暁と沙恵は、血の繋がった兄弟だとは知らずにお互いを想い、そして引きちぎられるようにして別れながらも、未だにその恋を終える事ができずに気持ちを閉じ込め続けています。

妹である美希は、暁と沙恵の関係を知ったことに関係するのか、終わりが見える恋ばかりを続け、結果自分一人傷をかかえ続け…。

兄弟4人やその家族はそれぞれ誰にも言えない傷と痛みを抱え、それでも生きていかなければならないと、必死に呼吸を続けています。

それは兄弟の父である重之でさえそうで、戦争の影をそのままに今を生き続けています。

●悲しい家族の姿

直木賞受賞作品というと、失礼ながら「んん?」と思うような作品もあるのですが、村山由佳さんの「星々の舟」はとにかく読み応えがあって、何度も再読をしたくなるような作品に仕上がっています。

「少し詰め込みすぎ」

といった声もあるようですが、それさえも「家族って、他に言わないだけでそれ位たくさんの秘密があるんだよな」といった考え方も出来るのではないでしょうか。

私にとってはこの「星々の舟」は、「家族」という、ばらばらでありながら離れがたい、星座の輝きを見るような、不思議な「つながり」のようなものを感じる小説であったと思いました。

家

きっかけは、重之の二度目の妻、志津子が亡くなるという悲しい出来事からですが、家族はそれぞれに新たな道を開いた所で終幕を迎えます。

そのほとんどが、希望に満ちた終わり方で「どれ程の出来事があっても、生きなければいけない」といった事を考えされられる終わりになっています。

●自由と孤独を語る物語

以上、村山由佳さんの小説「星々の舟」を紹介しました。

それぞれの物語は一見すると不幸に見えるかもしれません。

それでも、ある章で描かれたように、雨はやがて止み、光が差し込んできます。

そういった、暗いけれど光が見える作品であると感じました。

少々重たい展開ですので、物語をじっくりと読みたい、という気分の時にぴったりの作品なのではないでしょうか。

村山由佳さんの「星々の舟」、ぜひ一度読んでみて下さいね。

5_umiwodaku

村山由佳「海を抱く―BAD KIDS」~人の中の影の部分をさらけ出す

村山由佳さんの小説「海を抱く―BAD KIDS」を紹介します。

この小説の前作となる「BAD KIDS」のアナザーストーリーのような小説で、前作以上にドロドロとした展開が目を離せなくなるような小説です。

●「海を抱く―BAD KIDS」あらすじ

海を抱く

https://www.amazon.co.jp/

 

サーフィンに情熱をそそぐ高校生、光秀は「誰とでも寝る軽いヤツ」という風評を持つ男。

一方、成績優秀で教師からの信頼も厚い優等生、恵理。

全く接点のなさそうな二人がある出来事をきっかけに、性的な関係を持つようになってしまいます。

「取り引き」という名目で抱き合う二人ですが、徐々に関係に変化が訪れ…。

●傷つけ合う二人の関係

手繋ぎ

前作「BAD KIDS」でも、性的な表現があって少々ドキドキした経験があるのですが、「海を抱く―BAD KIDS」はそれ以上と言ってもいいほどの濡れ場で、「村山由佳さん凄い…」と思った記憶があります。

二人の曖昧な関係を軸に、光秀の父親が末期の癌に冒され余命幾ばくもないこと、恵理の兄が引き起こした事件などを経て、二人の関係は少しずつ変化を見せます。

秘密を共有した二人は、たとえそれが後ろ暗いものだとしても、お互いを強く引きつける力があるのでしょう。

それは多分、世間が「絆」と呼ばれるものに、とても近いものなのかもしれません。

二人は、大人達が眉をひそめるような事をしていることを充分に理解しています。

それでも、寂しい心の隙間を埋めるように、お互いを求め合います。

村山由佳さんの小説は、どれも普通の恋愛を書く事が少ないように思えます。

それでも、根っこの部分はとても純粋で単純なもの、お互いを想う気持ちのようなものがあるからこそ、たくさんの人の共感を得るのでしょう。

●文章に漂う「香り」と「音」

村山由佳さんの小説の書評を書いた人が、

「彼女の小説には香りがある」

と書いていました。

確かに村山由佳さんの小説には、匂いや音を感じる事が多くあります。

「海を抱く―BAD KIDS」でも、酸っぱい夏みかんの香り、海の匂いや潮騒の音、自転車を押して歩く時のチキチキとした音…たくさんの音や香りをすぐ側で感じる事ができます。

「リアリティがない」

といった意見も見られますが、これほどリアルに舞台を、人を描いている作品はあまり見当たらないのではないでしょうか。

村山由佳さんは別の本で、

「私のからだを通り抜けてできた言葉」

といった書き方をしていましたので、彼女の小説は全てではないでしょうが、自身が経験したことが多いのかもしれません。

その経験が、文章に漂う音や匂い、人の感情に表れているのかもしれませんね。

●ぜひ前作「BAD KIDS」から!

以上、村山由佳さんの小説「海を抱く―BAD KIDS」を紹介しました。

もちろん前作「BAD KIDS」を読んでいなくとも楽しめる小説ですが、読んだ人には、所々で前作の主人公、都と隆之が登場することでニヤッとする事でしょう。

少々重い展開ですので、じっくりと読む時間があるときに開いて、自分の中にある恵理に似た部分や光秀に似た部分などを発見してみると面白いかもしれません。

とてもいい作品ですので、ぜひ一度読んでみて下さい。

バッドキッズ

村山由佳「BAD KIDS」~ひたむきでドロドロな青春小説

自分にも高校生の時代が確かにあったはずなのに、何故か高校生というのは綺麗でひたむきで、といった印象を持ってしまいます。

高校野球の清らかな印象がそうさせているのでしょうか。

現実の高校生はもっとドロドロとしたものを持っていて、親には絶対言えないような秘密を隠し持ったりしています。

今回は、村山由佳さんの小説「BAD KIDS」を紹介します。

●「BAD KIDS」あらすじ

バッドキッズ

https://www.amazon.co.jp/

ラグビー部である幼なじみの同性に恋をしてしまい、悩み苦しむ隆之。

そんな隆之を被写体として写真に撮り続ける、都。

彼女は20も年上の写真家との関係に悩み、そして隆之と接触を持ちます。

似たもの同士のふたりが寄り添い合い、傷つきながらもそれぞれの決断を下します。

隆之の恋慕は、都の恋は?

●ドロドロの感覚とキラキラの正義感

この本を読んだのは私が高校生の時ですが、性についての表現にドキドキした事をよく覚えています。

ドキドキ

恥ずかしながら、村山由佳さんの小説にはそういった性についてのきわどい表現を楽しみに読んでいた所もあったものです…。

「BAD KIDS」の主人公である隆之と都は、そこらにいる高校生と同様に、性や将来について悩み、もがいています。

その感覚は読んだ当時、高校生だった私には痛いほどよく理解できたもので、今でも読み返すとあの時の感覚が蘇るような気がします。

多分、当時の村山由佳さんの小説が、高校生を中心に圧倒的な支持を得たのは、そういった等身大の人間の悩みがうそ偽りなく、飾り気なく描かれていたからだと思います。

17歳くらいって、大人の気分でいても実際の大人から子ども扱いをされる事に苛立って、でも自分では決められない事があって、毎日が苦しくて…。

そういったドロドロとした感覚を持てあますような気分、そういったものを確かに表現した作品が、「BAD KIDS」であると、私は思います。

高校生って潔癖な部分と、大人よりも大人びた部分が同居しているという、奇妙な時期でもありましたよね。

そういった、自身の恥ずかしいような部分を思い起こさせる小説にもなっています。

隆之と都は、傷つきながらも逃げずに自分で決断を下します。

これもまた、この時期だからこそできる、痛みさえ感じるような決意です。

そういった感情、大人になった私ならできるかな?と、何だか自分の事に置き換えて考えたくなるような小説です。

●魂の双子達

「BAD KIDS」の主人公、隆之と都は、まるでひとつの魂を分け合ったように、似たもの同士の二人です。

ですが決してお互いに依存はせず、自分の事は自分で決着を付けようとします。

そういった姿を見ると、大人である自分は何をしているのか、といったシャンと背を伸ばしたくなるような気持ちにさせられる物語です。

高校生やそれに近い年代にもおすすめしたいですし、私のような、遠い昔に高校生だった人にも読んでほしい、ひりひりした痛みを感じるような小説です。

ぜひ一度読んでみて下さい。きっと村山由佳作品にのめり込むこと請け合いの小説です。

以上、村山由佳「BAD KIDS」を紹介しました。

放蕩記

村山由佳「放蕩記」~娘は母の呪縛から逃れられない?

村山由佳さんの小説には、主人公を追い詰めるような母親が多く登場します。

ある母親は自殺してしますし、別の母親は宗教に傾倒して、言葉の暴力で主人公を虐げますので、読者の視点から見ると「村山由佳さんは、母親と上手くいってないんだろうな」といった雰囲気を読み取っていました。

その雰囲気を確信させるような作品、村山由佳さんの小説「放蕩記」を紹介します。

●「放蕩記」あらすじ

放蕩記

https://www.amazon.co.jp/

小説家の夏帆は、幼いときから現在に至るまで、母親への反発と恐れを胸に抱いて生きています。

母親の悪気のない、けれどその分きつい言葉にいちいち傷つき、憎しみを募らせる自分にもうんざりとしている夏帆。

改めて夏帆と母親の関係に向き合う夏帆に、母親の認知症という事実が突きつけられて…。

●血の鎖に縛られる母娘

この本が出版されたとき、読者から賛否両論の嵐が巻き起こっていました。

この作品は、主人公=村山由佳さん、と位置づけるのは短絡だと思いながらも、明らかに本人だと分かるような書き方をしています。

夏帆が書いた小説は、タイトルこそありませんがほとんど村山由佳さんが過去に書いた小説を思い起こさせますから。

レビューを見ると、

「自分もこういう母娘の関係に悩んでいたから、救われた」

という人と、

「反論できない母親に、この書き方は卑怯だ」

という意見と。

どちらの言い分も正しいよな、と思います。

かくいう私も、最初に読んだときはこの主人公である夏帆が大嫌いだと思いましたから。

どれだけ作者の村山由佳さんが意識しているのかは分かりません。

ですが、どれ程厳しく母親をののしっても、その言葉は全て自分にも返っていくのです。

「78歳のわがまま娘。始末に負えないといえば、これほど始末に負えないものもない」

本文の言葉ですが、私から見ると夏帆だって似たり寄ったりだろ、と突っ込まずにはいられません。

もういい年なんだから、母親と、夏帆自身を責めるのは止めた方が良いのに、とも思います。

身も蓋もない言い方をすれば、例え親子だとしても相性はあると思います。

どれ程近しい家族でも、理解し合えない部分があって、それを赦しあえないのであれば、血の絆はただの鎖になってしまい、双方を傷つけるだけなのでしょう。

夏帆に対して「ずるい」と感じるのは、母親の言い分を聞かずに、一方的にまるで「告げ口」のような形でこういった文章を発表したからです。

過去に夏帆が万引きを犯したとき、過剰に泣きわめく母親に冷たい視線を浴びせかけたように、「あなたがそれを言うな」といった気持ちにさせられるのです。

少々厳しい書き方をしましたが、それでもこの小説は何度も読んでしまうのです

多分それは、最後に夏帆が、

「そりゃあ、母娘ですから」

と告げる、この台詞に夏帆と読者が救われるからなのかもしれません。

あまりにもさりげなく、少々ひねくれた書き方をされているので見落としてしまいがちなのですが、この台詞で「放蕩記」は「救い」の物語になったのかもしれません。

●母親から生まれた人たちへ

親子

前述の通り、賛否両論激しい小説ですが、それでもたくさんの人にこの本を読んでもらいたいと思います。

何が正しいのか、間違っているのかは分かりません。

読んだ人がそれぞれに感じた事が、正解なのかもしれません。

以上、母親をもつ、全ての人に読んでほしい作品「放蕩記」を紹介しました。

青のフェルマータ

村山由佳「青のフェルマータ」~藍色の海をイルカとともに…

村山由佳さんの小説、「青のフェルマータ」を紹介します。

両親の不仲と自分の罪悪感で声を失った少女、里緒。

イルカとの触れあいが治療に効果的と聞き、チェロを抱えて彼女はオーストラリアの島へ。

研究所での暮らし、イルカとの交流、巡り会う人々との中で、里緒の心はゆっくりと解き放たれて…。

温かい愛が沁みる恋愛小説の紹介です。

●「青のフェルマータ」あらすじ

青のフェルマータ

https://www.amazon.co.jp/

精神的なショックが原因で、ある日突然声を失った少女、里緒。日本から逃げるような形でオーストラリアのイルカ研究施設へ行きます。

出会った友人やチェロの師匠、JB、そして研究所のイルカ達と、野生のイルカ達を抱くあたたかな海。

チェロの低い旋律は、冷たく凍った里緒の心をゆっくりと溶かしていきます。

●ベタな展開では決してない!

「心の傷」「イルカ」「癒やし」と三つ並べばもう「ああ、お涙頂戴ものか」と、それだけで敬遠してしまうかもしれませんが、それだけにとどまらないのが村山由佳さんの魅力なのです。

まあ、そういった展開もなくはないのですが、イルカは重要な脇役でありながら、決して里緒を救いません。

何故なら「救われる」と感じるのは、その本人だけなのであり、イルカが「癒やしてあげよう」といった傲慢な考えをしている訳はないのですから。

村山由佳さんの小説はどれも、

「人を傷つけるのは、人間。でも人を救えるのも、人間」

といったスタンスでの物語を書き続けています。

実際に本作でも、里緒が声を出せるようになってきたきっかけは、里緒が大嫌いだと思っていた男の存在が大きなものになっています。

里緒が声を出せるようになった代わりのように、傷ついた人がたくさんいます。

けれど、里緒はきっともう逃げずに彼らの前に立てるだろう、といった希望に満ちた形で、物語は終わります。

読んでいる方はきっと、里緒に腹を立てながらも、自分の中に里緒のような弱い部分を見つけて、どうしても振り払えなくなる事でしょう。

●癒やされたい人々

この「青のフェルマータ」が出版された頃、「癒やし系」という言葉が使われるようになりました。

癒やし系の音楽に癒やしの香り、人…。

たくさんの人が生きることに疲れ、癒やしを求めていた時代です。

「青のフェルマータ」に登場する人物は皆、誰かに傷つき誰かに救われています。

読んでいると、これが正しい人間関係のあり方なのかなあ、といった思いを感じます。

彼らは特別な力を持っている訳ではないのに、ただそこにいるだけで救われている人がいる。それって、凄いことなのかもしれません。

人間関係が希薄になってしまった現代、私は誰に救われ、誰かを癒やしているのかな?といった事を、ふと感じる小説でもあります。

もちろんこれは私の解釈ですので、「青のフェルマータ」」を読んでどう感じるかはその人によって違うでしょう。

ありきたりの展開ではない物語ですので、小説をたくさん読んでいる人でも楽しめる小説ですし、村山由佳さんの小説はどれも読みやすい文章ですので、どんどん物語の中に入っていけるのではないでしょうか。

本

そういった意味では、この「青のフェルマータ」は、どんな人にでもスイスイ読める小説となっています。

●青い海への旅に癒される

以上、村山由佳さんの小説「青のフェルマータ」を紹介しました。

読んでいるときっと、オーストラリアの藍色の海が見えるでしょうし、里緒やJBが奏でるチェロの低い旋律が聞こえてくるような、それこそ「癒やされる」ような小説です。

読みやすい作品だと思いますので、ぜひ一度読んでみて下さいね。

野生の風

村山由佳「野生の風」~サバンナの熱い風に吹かれる恋愛小説

村山由佳さんの作品が大好きです。このサイトでは中でもおすすめの10作品について、私amiのレビューを掲載しています。ぜひ新しい村山由佳作品に出会っていただければと思います!

☆☆☆☆☆☆☆☆

第1回目の今日は、村山由佳さんの小説「野生の風」を紹介します。染織家である主人公・飛鳥と、野生動物の「いのち」を撮る写真家、一馬。運命的な出会いで愛し合い、お互いに離れられない程かけがえのない二人に、ある事実がつきつけられ…。

サバンナの熱い風に舞い上がる、二人の愛の行方は?

●「野生の風」あらすじ

野生の風

https://www.amazon.co.jp/

染織りの世界に魅せられ、色の世界に飛び込んだ染織家、多岐川明日香。

野生動物の「いのち」を撮る写真家、藤代一馬。

自分の世界のためならある意味、傲慢とも言える態度を取る二人ですが、根っこはただ「この景色を表現したい」と感じる、とてもよく似た二人。

ベルリンの壁崩壊の夜に出会った二人は、紆余曲折を経てアフリカで再会を果たします。

熱い風に巻かれるように燃え上がる二人の愛は、このまま続くかと思われますが…。

●アフリカの風、風を抱く鳥

私はアフリカへ行ったことはありません。

ですが、村山由佳さんの「野生の風」を読むと、アフリカの熱風、土の匂い、自然の音が聞こえてくるような感覚におそわれます。

「野生の風」の解説を書いた伊集院静さんが、

「文章に香りがある」

と書いていますが、その言葉がよく分かるような気がします。

村山由佳さんの小説はどれも、文章に匂いと音があり、それが読んでいる方に「登場人物って、きっと生きているんだ」といったリアリティを感じさせてくれます。

飛鳥は自由気ままに生きていながらも、最後の最後では決して自分のわがままを通そうとはしませんでした。

その時の空気の冷たさ、猫のぬくもり、にあ、あ、とかすれた声で鳴く
猫の鳴き声。

読んでいる方は、まるで物陰から飛鳥を見ているような感覚に陥ってしまい、涙が止まらなくなってしまいます。

最近の村山由佳さんの小説では、こういった感じの恋愛小説を書く事がなくなってしまったのがとても残念です。

「野生の風」は1995年に発表された作品ですが、今読んでみても全く古くさい感じはしません。

「恋愛もの」といったジャンル自体が飽きられている感じもある昨今ですが、この本を読むと「こんな恋愛がしてみたい!」と思うのではないでしょうか。

決してハッピーエンドではないのですが、村山由佳さんの小説が初めて、という人にはぜひ読んでもらいたい小説だと思っています。

本

●ふたつの世界が楽しめる作品

以上、村山由佳さんの小説「野生の風」を紹介しました。

染織りの世界、写真の世界、どちらもなじみのないものですが、その世界にしか生きられない人の生き様と情熱的な恋愛。ふたつの世界が楽しめる作品になっています。

恋愛小説が読みたい、と思っている人や、初めて村山由佳さんの小説を手に取る人におすすめしたい作品です。ぜひ一度読んでみて下さいね。